ソフトウェアエンジニアリング

どのOSがいいのか?

新しいパソコンを買う?オペレーティングシステムの選択肢は、これまで以上に広がっています。Windowsは今でも人気がありますが、Macはクリエイティブな仕事をする人にぴったりの選択肢です。Googleが提供するChromebookはシンプルで安価ですし、Linuxのノートパソコンも選択肢の一つです。 でも、新しいコンピュータに最適なOSは何でしょうか?すべての選択肢について、そのメリットとデメリットを交えてご紹介します。マイナーなネタバレ。すべての人に最適なオプションは1つではありません。 Windowsを使うべきですか? あなたのPCに最適なオペレーティングシステムはWindowsでしょうか? Windowsは、ほとんどのユーザーにとって最も馴染み深いオペレーティングシステムです。マイクロソフトは2015年に最新版であるWindows 10をリリースし、Windows 8などの旧バージョンと比較してかなりの改良が施されています。Windowsの利点は、利用できるソフトの幅が非常に広いことです。ビジネス用のソフトウェアからホームコンピューティング用のアプリまで、あらゆる種類のソフトウェアがWindowsで利用できます。 Windowsのデメリットは、大量のマルウェアの標的になっているため、セキュリティ上の問題があることです。Windowsを使うなら、OSを常に最新の状態に保つことが重要です。 macOSを使うべきですか? Apple MacBookに搭載されたmacOS クリエイターの間で好まれているOSがmacOSです。ほとんどのPCハードウェアにインストールできるWindowsとは異なり、macOSは一般的にMacのハードウェアにしか搭載されていません。(Apple製以外のハードウェアにmacOSをインストールして、いわゆるHackintoshを作ることもできますが、これは複雑です)。macOSを使いたいほとんどのユーザーは、Macマシンを購入する必要があります。 macOSのメリットは、Adobe PhotoshopやPremierといったクリエイティブ系ソフトのサポートが抜群に良いことです。この種のソフトウェアはWindowsでも利用できますが、一般にmacOSの方が機能が優れており、オプションも豊富です。macOSのもう一つの利点は、Appleが定期的にアップデートを行い、最新バージョンへのアップグレードが通常無料であることです。また、マルウェアに狙われることもあまりありません。 Linuxを使うべき? ピュリスムLibrem 13 Linux OS ノートパソコンやデスクトップに最適なオペレーティングシステムを探す際に、考慮しなかったかもしれない選択肢の1つがLinuxです。Linuxは使いにくいという評判がありますが、近年ではよりユーザーフレンドリーなディストリビューションが利用できるようになりました。

Read More
ソフトウェアエンジニアリング

macOSレビュー:長所と短所

この記事ではmacOSレビューの長所と短所を紹介します。 1. 便利な無料の生産性向上アプリが付属 Appleが開発した無料のアプリケーションがMacにプリインストールされている、あるいはApp StoreからダウンロードできるのもmacOSの特徴です。例えば、Pages、Numbers、Keynoteなどのオフィス生産性アプリは、一般的に別売りのMicrosoft Office Suiteアプリと異なり、無料で利用できます。 2. Windowsよりもシンプルでクリーンなユーザーインターフェイス Windowsと比較した場合、macOSはユーザーインターフェースがよりシンプルで前面に出ているという利点があります。iPhoneやiPadで使われているモバイルOS「iOS」に慣れている人なら、macOSを使うことはとても身近に感じられるでしょう。アプリは一般的にApp Store経由でダウンロードされ、Launchpadと呼ばれる中央の場所で見つけることができます。 3. マルチタスクに特化した機能 macOSとMacデバイスには、いくつかのマルチタスク機能がネイティブに備わっています。OSには、多数のデスクトップやホーム画面を開くのと同じような、複数のワークスペースを実行する機能があります。Macデバイスには、アプリケーションやワークスペースを切り替えるための専用のキーや、ジェスチャーなどのハードウェア入力があります。 4. より良い統合によるソフトウェアとハードウェアの最適化 macOSのもう一つの利点は、動作が滑らかであることです。Appleは、ハードウェアの設計者であると同時に、ソフトウェアの開発者でもあります。サードパーティ製のハードウェア部品は定められた基準に基づいて選定され、サードパーティ製のアプリケーションは互換性と安全性のテストと検証を受けます。ソフトウェアとハードウェアの統合に強い関心を持つことで、最適化されたパフォーマンスを実現しています。  5.他のApple製品・サービスとの互換性 Appleは、互いにシームレスに互換性のある製品とサービスを開発し、販売しています。macOSもiOSも、ほぼ同様のユーザーインターフェイスとワークフローロジックを持っています。また、Appleが開発したアプリやサードパーティのアプリは、macOSとiOSの両方に対応したバージョンが用意されています。ファイルやデータは、Appleが提供する専用の無料クラウドサービスにより、デバイス間で同期されます。 1.

Read More