ジャーナリズム

ジャーナリストになるには。記者を目指す人のためのヒント

ジャーナリズムのキャリアは、ストーリーテリングや時事問題が好きな人にぴったりの、エキサイティングでペースの速い職場環境を提供します。 冒険家、作家、真実を追い求める人たちの間で、この職種が非常に人気があるのも不思議ではありません。もしあなたがジャーナリストとしてのキャリアを考えているなら、キャリアをスタートさせ、成功するために知っておくべきことがいくつかあります。 ジャーナリストは何をする人? ジャーナリストといえば、ウォルター・クロンカイト、バーバラ・ウォルターズ、ダン・ラザーなどのイメージが思い浮かぶと思いますが、それには理由があります。 しかし、ジャーナリズムの顔は彼らだけではありません。確かに、ジャーナリズムの世界で最も有名な人物は、毎晩のように報道されるニュース番組で目にする人物です。しかし、CBSやBBCよりもウェブサイトやブログ、ソーシャルメディアからニュースを入手する人が増えている今日、ジャーナリズムの顔は変わりつつあるのです。 ジャーナリスト」という言葉は、伝統的な新聞や雑誌のような印刷物に記事を書く人、嵐を追いかけたり大統領の記者会見に出席したりして、その結果をカメラに向かって話す記者、あるいは新興ニュースサイトのためにオンラインで記事を書くフリーランサーを指すことがあります。 ジャーナリストになるには 以下は、将来ジャーナリストとして成功するためのヒントです。 1. ライティングスキルを磨く もちろん、学位だけではここまでしかできません。成功するジャーナリストになるには、自分で文章力と取材力を磨く必要があります。 そのための確実な方法のひとつが、さまざまな分野にわたって文章を書くことです。自分のブランドを確立し、ライターとしての声を確立するために、ブログを始めることで練習することができます。時事問題や自分の住んでいる地域で起こっていることについてブログ記事を書いてみたり、興味深い被写体を探してインタビューしてみたりするのもいいでしょう。 2. インタビューの仕方を学ぶ。 ジャーナリストとして、批判的思考や質問力を鍛えることも必要です。業界トップクラスの記者たちのインタビューを研究し、彼らが使っている戦略に注目しましょう。 3. 記者、ライター、編集者とネットワークを作る。 どのような業界であれ、その業界に入るための大きな要素は、適切な人たちを知っていることです。早い段階から、記者、ライター、編集者、その他その業界に関連する人物と人脈作りを始めましょう。 尊敬する記者に声をかけ、おしゃべりをする時間があるかどうか丁寧に尋ねてみましょう。直接、または電話で話す機会があれば、自分の経験やキャリア目標を伝え、自分の経験やアドバイスを求めましょう。 4.

Read More